酵素を浪費するライフスタイルとは?


人間が持っている酵素は代謝酵素消化酵素に分けることができます。
酵素はひとそれぞれに持っている量が異なり、それぞれに必要な量も異なるようです。
また、年齢を重ねるごとに酵素の量は減少していきます。
そのため、有効活用することが必要だと考えられます。

酵素を浪費する大きな原因に暴飲暴食があります。
肉料理や脂を多く含む揚げ物など高カロリーのもの、砂糖を多く含んだ菓子類などは、消化に多くの酵素が必要なため多量消費されてしまいます。
また、睡眠不足やストレスを強く受ける環境、喫煙なども酵素を多量に必要とします。
このような酵素の浪費が続くことで、からだの代謝を果たすために必要な酵素が減少して太りやすい体質になったり、疲れを感じやすくなったり病気になりやすくなって、健康維持が困難になることもあります。

規則正しい生活やバランスの良い食生活は酵素の浪費を防ぐと共に、不足している酵素を補うための食物酵素を摂り入れることができる機会でもあります。
もし酵素不足を感じるのであれば酵素ドリンクやサプリから補充することもよい方法かもしれません。