酵素は消化→吸収→代謝にかかせないものです。
それど同時に健康維持にかかせないものということもわかってきました。

体内で作ることができる酵素とその働きについて紹介しています。

代謝酵素とは?

代謝酵素は、私たち人間が呼吸をする、からだを動かす、物事を考える、健康を損なうウィルスなどを防御する、老廃物を排出するなど、生命活動を行う上で欠かすことができないはたらきを行う器官や組織に存在し、それぞれのはたらきを担っている酵素です。
代謝酵素はからだの中で合成されて、様々な器官で行われている代謝をサポートしていきます。
加齢と共に新陳代謝の衰えにより老化現象や体型の変化が起こるのは、代謝酵素が不足するからと考えられています。

では、どうすれば代謝酵素を増やすことができるのでしょうか?

私たちが持っている酵素や食物から摂取できる酵素は、代謝酵素と消化酵素のどちらかの役割しかできません。
そのため、消化すべき量が増えると、代謝酵素として使用される分が減ってしまいます。
これによって、新陳代謝をうまく行うことができず、免疫力の低下や細胞の活性化ができなくなったことによる老化の進行や体調不良、代謝不良による肥満などにつながっていくといわれています。

体の中で作られている消化酵素とは?

私たちの体の中で作られている酵素はたんぱく質から成っています。
そもそも私たち人間は、生きていくために、食事によって栄養素を摂り込んで、吸収しやすい大きさまで分解し、必要に応じて吸収したり、排出するということを繰り返し行っています。
このうち、吸収しやすい大きさまで分解するという役割を担っているのが、消化酵素です。

人間の体内酵素は主に3種類あり、唾液や胃液、膵液、腸液などに含まれています。
具体的には、炭水化物をブドウ糖やマルトース、オリゴ糖などに分解するアミラーゼ、タンパク質をペプシン、トリプシン、キモトリプシンなどに分解するプロテアーゼ、脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解するリパーゼがあります。
これらの消化酵素は、年齢を重ねたり、内臓が弱っている時に分泌量が減少したり、活性が低下してしまうことがあります。

また、紫外線やタバコ、酸化された食材を食べること、そしてストレス、過度な運動なども消化酵素に悪影響を及ぼすといわれています。

食べ物から摂取する消化酵素とは?


体の中で消化酵素を活性させるためには、体内で作られている酵素を十分に活かす方法の他に、食べ物から酵素を摂取する方法があります。
食べ物の中には、消化酵素のはたらきをサポートしたり、消化酵素を大量に消化することを防ぐ働きを持っています。

では、どのような食品に酵素が含まれているのでしょうか?

そもそも、食物酵素は48度以上になると破壊されているといわれており、新鮮な生野菜や果物、刺身、海藻など、食品に熱を加えずに摂取することが重要なポイントです。
また、納豆や味噌、キムチ、ヨーグルトなどの発酵食品などは酵素を含む食べ物の代表だといってもよいでしょう。
これらの食べ物を意識して摂取することにより、体内の消化酵素を安定させることができます。
それに伴い、新陳代謝をアップしたり、病気の予防や解毒などの作用もアップして、健康維持や美容の改善にもつながっていくのです。
加齢やストレスなどによって不調を感じる人ほど、酵素を多く含む食品を取ることを意識づけることが必要だといえます。

酵素と免疫システムの関係

疲れやすい、すぐに風邪をひいてしまう、今年もインフルエンザに罹ってしまった…などなど、体調不良を訴える人も多いのではないでしょうか?
周りは元気に過ごしているのに、なぜ自分だけ体調不良を感じるのか、と気になっている方、免疫システムが正しく働いていない可能性があります。
免疫システムが低下する理由には体内の酵素量が大きく関係しているんです。

私たちの細胞の中にはリソソームという解毒を行う器官が存在しています。
このリソソームには、約60種類もの酵素が関与していて、その働きをサポートしているといいます。
つまり酵素が不足すると免疫システムを十分に働かせることができず、外敵からの攻撃に耐えることができなくなってしまうというわけです。

また、免疫システムの機能のほとんどが腸管免疫とよばれる小腸や大腸によって司られていることも忘れてはいけないことです。
酵素不足は腸内環境を悪化させてしまい、免疫システムが低下してしまうという負のサイクルを生みだします。
これを断ち切るためにも、食物酵素を多く含んだものを摂取が必要になってくるのです。

メタボにも酵素は効果的


内臓脂肪やメタボということばに敏感になっている一方で、なかなか脱メタボができない人、多いのではないでしょうか?

運動や食事など多くの制限に縛らてしまうメタボ対策を実行できない方や面倒くさがりの人にぴったりなのが酵素を使った方法です。
酵素とは、消化吸収や代謝などのあらゆる生命活動を行うために不可欠な物質です。
酵素は大きく分けると、エネルギーを作りだすための消化酵素と消化によって作られたエネルギーを利用して内臓器官の維持や細胞の修復などを行っている代謝酵素の2つがあります。
これらの酵素は人間のからだに備わっているものですが、体調や年齢によって状態が変わっていきます。
からだの中の酵素が不足すると、消化や代謝がうまくできないようになり、メタボが進んでいってしまいます。

そこで取り入れたいのが食物酵素です。
生の野菜や果物などに含まれる食物酵素を積極的に摂り入れることで、消化酵素や代謝酵素のはたらきをサポートして消化と代謝をスムーズに行い、メタボ対策にも効果を示すことができます。

加齢臭にも酵素は効果的


年齢を重ねると気になるのが加齢臭
その原因としてダイエットや便秘などが指摘されることがありますが、体内の酵素不足も原因のひとつだと指摘されています。

若い頃には体内で酵素がスムーズにその役割を果たしているため、活性酸素が取り除かれたり、ニオイの元となる物質をブロックすることができていました。
しかし、年齢を重ねるごとに体内で作りだされる酵素が減少することによって、酵素の役割を十分に果たすことができなくなり加齢臭の原因を作りだしてしまうのです。

では、どのような対策をする必要があるのでしょうか?

それは、不足している酵素を補充することでしょう。
酵素は野菜や果物、魚などを生で食べることで補うことができます。
また、納豆やぬか漬け、ヨーグルト、キムチなどの発酵食品にも酵素が多く含まれています。
これらを積極的に摂り入れることによって、不足している酵素を補うことができ、加齢臭を予防することができると考えられます。

最近では酵素ドリンクやサプリメントも多く販売されているので、利用するればより確実に酵素を補充できるのではないでしょうか?