過敏性腸症候群とは?


過敏性腸症候群は、腹部の痛みや不快感、下痢や便秘などの症状が続く症状をいいます
その症状は頻繁に起こるのですが、血液i検査や内視鏡などの検査を行っても異常が見つからないため、ストレスや精神的なものが原因ではないかといわれています。
症状が進行して重篤な状態になることは少ない反面、屋外や交通機関などトイレに行くことができない環境に長時間滞在することができない、緊張状態を保つことができないなど、行動に制限がかかることがあります。

過敏性腸症候群の原因について詳細は解明されていませんが、何らかの外的要因によって、脳下垂体からストレスホルモンが分泌された刺激で腸の機能に影響が現われるのではないかといわれています。
これらの症状は喜怒哀楽を表現することが苦手な人や感情を自覚できない人に多く見られており、本人がストレスを感じていることに気づかないため、からだがSOSを発信している状態にあるといえます。

症状が起きた時に服薬することもひとつの方法ですが、ストレスや緊張を開放するセルフコントロールを身に着けることも症状改善の方法だとされています。