健康に関する話題で、よく耳にする【リンパ組織】という言葉があります。
リンパ組織は、私たちが生きていく上で防御のシステムを担っているリンパ球や様々な種類の白血球が集まった組織のことやリンパ球が網目状に絡んで存在している結合組織を総称したものです。

そんなリンパ組織が小腸と大腸の腸管粘膜に全身の約80%も存在しているといわれています。
さらに、最強の防御力を持つとされているのが腸管粘膜免疫だというのです。
特に、食べ物を吸収する役割を担う小腸には、全身のリンパ組織の60%が集まっていて、私たちの健康維持を図ってくれています。

小腸のはたらきを維持したり活性化するためには腸内細菌のはたらきは不可欠だといえます。
中でも腸管を感染や食中毒などの病気から守ってくれている善玉菌は腸内環境を整えるために重要なだけでなく、リンパ組織のはたらきをも司っているといっても過言ではありません。

全身の防御システムを十分活かすためにも、日頃から腸内環境を意識したいものですね。

リーキガット症候群とは?

リーキガット症候群は、日本語では腸管壁浸漏症候群と訳され、腸壁に穴が開くことによって引き起こされる様々な疾患のことを指します。通常、腸は1本の筒のような形をしていて、その中を通る食物や水分は肛門から排泄されます。

しかしリーキガット症候群を発症した場合、腸の内壁に穴が開いて消化される前の食物や水分、腸内細菌だけでなく悪玉菌によって産生された有害物質も漏れ出して血管内に入りこんで全身を巡ってしまうのです。
症状は個人によって異なりますが、主なものとして、食物アレルギーや便秘、アトピー性皮膚炎、ぜんそくなどの呼吸器疾患、偏頭痛、関節炎、子宮筋腫、統合失調症などが挙げられます。
その他、メタボリックシンドロームのリスク上昇、ビタミンやミネラルの欠乏など多岐にわたります。リーキガット症候群の原因は抗生物質や非ステロイド系の薬品の乱用などがあります。

さらには、ストレスや睡眠不足、アルコール・カフェインの過剰摂取、食品添加物の摂取など日常生活に原因があるともされており、治療には生活環境の根本的な見直しが必要だとされています。