女性ホルモンが腸の働きをにぶらせる

ある調査によると『生理が始まる前に便秘になる』という悩みを持つ女性が回答者の64%であったという報告があります。

それは、排卵から生理が始まる前に分泌量が増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの影響にあるといいます。

プロゲステロンは、女性のからだを妊娠に備えた状態にするために不可欠なもので、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くしたり、食欲旺盛にするなどのはあらきがあります。

生理前、精神的に不安定になったりイライラするのもこのホルモンの影響だといわれています。中でも体内の水分量をコントロールして体内に水分を溜めようとします。

これによって、大腸が食物の水分吸収をアップして便が硬くなって排出しづらくなってしまうのです。

さらに、妊娠成立に備えて子宮の収縮をおさえるはたらきが腸の蠕動運動を行っている筋肉にも影響を与えて腸の動きが低下してしまうのです。

そのため、生理前には水溶性食物繊維を多く含むものを摂ったり、水分補給を積極的に行うことに加え、適度な運動を心掛けることが必要です。

性ホルモンと腸の関係


女性ホルモンや男性ホルモンなど、性に関する機能や体型、特徴などを維持するために分泌されている性ホルモンは、ストレスや食生活の乱れ、生活習慣の乱れ、睡眠不足やダイエット、ストレスなどあらゆる環境の影響を受けやすいものです。

これがもし、腸と深い関係があるとすると、あなたはどうすべきでしょうか?

私たちの腸には善玉菌と悪玉菌が存在していますが、生活環境の変化や食生活の偏りによって、このバランスが崩れてしまいます。
これによって便秘が引き起こされると、有害物質が血液へと流れだして、からだ中を流れてしまいます。
これを処理しようと、からだ中の組織で対応しますが、その一方で性ホルモンを分泌まで配慮することができずに、バランスが崩れてしまうと考えられます。

また、脳の伝達物質のひとつであるセロトニンが大腸で作られているという研究結果があります。
セロトニンの分泌が増えると性ホルモンの分泌も上昇するといわれているため、腸内環境が乱れると性ホルモンの分泌も関与していることがわかりますよね。

腸の動きとモチリンの関係

おなかが空いたと思ったら、グーという音が鳴って恥ずかしい思いをしたというのは、誰にでもあることでしょう。
私たちが空腹を感じるのは、チモリンというホルモンが分泌されているからなのです。

チモリンは、空腹を感じた時に十二指腸から分泌されます。
チモリンが分泌されると、大腸は蠕動運動によって腸を動かさなればならないと感じ取り、腸などを動かそうとします。
この時に蠕動運動を通常通りに行うことができれば腸の活動自体もうまくいっているというわけです。
チモリンは栄養吸収にも大きく関与した物質であり、チモリンによって腸が活発に動くのであれば、代謝を促すこともできるのです。

また、チモリンは食事が終わって8時間ほどは再分泌することができないので、チモリンを活用するのであれば、水分をこまめに摂ったり、食事をするときにはゆっくり噛んで飲み込むようにする食事の際には野菜から食べる要するというルールを作るなど、日頃からきをつけていくことで、チモリンの分泌も改善することができ、腸の動きも正常へと向かうことができるです。