健康な体作りのために食べ物のカロリーや栄養素がクローズアップされがちですが、どんなに良いものを食べても、それを消化・吸収するために必要な酵素が不足すると、豊富な栄養素も体のために力を発揮できていません。

だから酵素が体に多いほど健康で若々しくいられるとまで言われています。

でも体内で作らる酵素は一定量です。
無駄に酵素を減らさない生活とはどのようなものでしょうか?

消化酵素と代謝酵素

私たちは、体の中で酵素を作り出すことができます。
酵素の種類は2種類で消化酵素と代謝酵素と呼ばれています。

消化酵素とは、食べ物を消化するために使われる酵素です。

消化酵素で小さくした栄養素を肉・骨・血液に変換するのが代謝酵素です。

消化酵素が少なくても代謝酵素が少なくても、食べ物が持つ栄養素が十分に吸収されないことになるためどちらの酵素も不可欠です。

しかも、消化酵素が足りなければ、代謝酵素が消化酵素を補うことになり、消化酵素と代謝酵素のバランスが崩れることになります。

しかし、私たちは老化をすることで、これらの酵素の生成量が少なくなってきます。

年齢を追うごとに十分な栄養を補給できない吸収できない体になっている訳です。

そこで、生の野菜や果物に含まれる食物酵素を摂取することで体内の酵素を補えば、加齢による体内酵素の減少にストップをかけることができます。

体内酵素の消費を減らす生活

20代の頃より30代、30代より40代と確実に体内で作られている酵素は減っていきます。

だから、20代の頃なら暴食しても翌日はケロリとしていた胃腸も40代に同じことをすると翌日の胃もたれがひどいという状況になる
これは、まさに体内で生成する酵素が減っているからです。

では、体内で作られる酵素を減らす食事とはどのような食事でしょうか?

油多めの食事や肉類中心の食事や白砂糖をたっぷり使うお菓子などは、消化のために酵素を無駄に使ってしまいます。

また、食べ物で酵素を増やしているつもりで酵素を摂取できてないこともあります。

それが、加熱した食事ばかりで生食が少ない食生活です。

酵素は、新鮮な野菜、果物に含まれていますが、熱に弱いので基本は加熱せずに食べないと酵素を摂取していることになりません。

例えば、果物をたっぷり使ったベイクドケーキは果物の酵素は加熱により消滅し、甘い砂糖が加えられることで酵素を無駄に消費するお菓子のため美容に良いお菓子とはとても言えません。

体内酵素を減らす原因は食事内容だけじゃない

消化吸収に関わる酵素ですから、酵素が減る原因は食事だと思いがちですが、他の要因もあります。

睡眠不足、喫煙、ストレスは大きく体内酵素を減らします。

これらの悪い生活習慣は、酵素の生成を妨げます。

つまり、作り出される酵素が少なくなってしまうのです。

老化でただでさえ酵素の生成が少なくなっていくうえに、これらの原因がさらに酵素の生成を少なくするのですから注意しなければなりません。

この中で睡眠不足は消化吸収に伴う体内時計に狂いを生じさせるため酵素がうまく働かないという原因も挙げられます。

喫煙は、百害あって一利なし、化学物質の塊であり毒だからダメなんです。

現代社会はストレスだらけ、ストレスを軽減するのは難しい時代になりました。
しかし、ストレスを貯めずに逃がす努力をするだけでストレスは軽減することができるので、自分にあったストレス解消法を見つけましょう。