赤ちゃんは母親の胎内にいるときは無菌状態で育ちます。
新生児として誕生して間もなく皮膚や気道などの体内の粘膜で細菌が増殖し始めます。
生まれて最初の糞便は無菌ですが、翌日には大腸菌やクロストリジウム、酵母などが出現しています。
それからビフィズス菌が出現し、
5日目にはビフィズス菌などが優勢となり、腸内の菌類はほぼ安定します。
それから離乳食器に入ると大人の腸内環境に近くなってき始め、幼児期にはほぼ同じ状態になります。