最近、注目されているダイエットのひとつに腸内フローラダイエットというものがあります。
腸内フローラの状態をコントロールすることでダイエットができるというのですが、腸内フローラとダイエットとは、どのような関係があるのでしょうか?

 

ダイエットは食事制限と運動が基本となると考えれていましたが、同じものを食べても痩せている人と太ってしまう人がいるというのは腸内フローラが異なるからというのです。
腸内には2万種類、100兆~1000兆もの細菌が花畑のように群生しているといいます。
これを腸内フローラと呼んでいるのですが、この腸内フローラは大きく善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種に分けることができます。

 

腸内において悪玉菌が増えると、人は太っていくというのです。
つまり、善玉菌が増えると痩せやすいからだをつくることができるということです。
この考えに基づいて善玉菌を増やすことを意識して食物繊維や発酵食品を積極的に摂ると、ダイエットをより高い確率で成功させることができるそうです。