腸内にはバクテロイデスという細菌がいます。これはとは短鎖脂肪酸という物質を出して脂肪の吸収を抑えたり燃やしたりする腸内細菌です。痩せ型の人に多い菌で、やせ菌と言われています。
反対にファーミキューテスという菌がいて、これは食べた物を分解して栄養やエネルギーに変えて吸収する働きをする腸内細菌です。肥満の人に多く、多すぎる食事や、脂肪分の多い食事がファーミキューテスを増やす原因となっており、デブ菌と言われています。
どちらも日和見菌に分類されています。
適度な食事量、乳酸菌や食物繊維の摂取などによって善玉菌が優位な腸内環境に保つことが、痩せる菌であるバクテロイデスを増やす近道です。

デブ菌とは?

ダイエットには食事制限や運動などがつきものだというのがこれまでの常識でしたが、最近の研究で、からだの中にデブ菌が増殖すると、ダイエットをしても効果が現われにくいということが分かってきました。

デブ菌の正体は、ファーミキューテスという腸内細菌のことです。
誰の腸にも存在しているデブ菌は、本来であればからだの外に排出するはずの脂肪や硫化水素、アンモニアなどの有害物質を作りだした上に、それらの有害物質や毒素を溜め込んでしまう性質があるのです。

私たちの腸の中には、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌という善玉菌にも悪玉菌のどちらにもなりうる菌がいます。
日和見菌は、善玉、悪玉どちらか優位にある菌に同調する作用があるのですが、デブ菌は日和見菌でありながら、悪玉菌が増える環境で活発に働くようになるのです。

そのため、日頃からできるだけデブ菌が活性化しない善玉菌が優勢な腸内環境を整えることがダイエット成功への道だといえるでしょう。

痩せ菌とは?

痩せ菌とは、腸内に住んでいる善玉菌のことです。
善玉菌といえば、ビフィズス菌や乳酸菌などが広く知られています。
これらの善玉菌は、ビタミンを合成したり消化吸収を促進して、感染症やがんなどからからだを守るための免疫力アップに努めることが分かっていますが、最近の研究結果では体型維持をできている人にの腸は善玉菌が多い傾向にあるそうなんです。
これは、善玉菌によって腸の働きが活性化されて消化・吸収をスムーズに行うことができるようになるため、新陳代謝も活性化されていくことが可能になります。
さらには余分な栄養を吸収することもなく、からだに脂肪を溜めることもなくなってくるのです。

つまり、痩せ菌を増やすことで体型を変えることができるというわけです。

では、どのようにすれば痩せ菌が増えるのでしょうか?

それは、ビフィズス菌や乳酸菌などを多く含む食品を積極的に摂り入れることでしょう。
また、痩せ菌のエサとなる水溶性食物繊維を摂ることも効果的です。
さらには増やした痩せ菌を減らさないためにもジャンクフードを避けたり、空腹を感じてから食事を摂ることを心がけると良いそうですよ。