腸内環境を整える栄養素として有名な乳酸菌。
乳酸菌には、腸内環境を整える善玉菌を増やす作用があることから、便秘解消効果が期待でます。

乳酸菌には動物性乳酸菌植物性乳酸菌があります。

動物性乳酸菌とは、お乳に生育する乳酸菌でヨーグルトやチーズなどに多く含まれています。
一方、植物性乳酸菌は植物が原料となった発酵食品に含まれる菌で、味噌や醤油、キムチなどに多く含まれています。

乳酸菌といえば、ヨーグルトやチーズをイメージする人も多いと思いますが、これらの動物性乳酸菌の多くは、胃液や腸液の中で死滅してしまい、腸の奥まで届きにくいのです。
ということは、善玉菌を増やす作用があまり期待できないということになります。

それにひきかえ植物性乳酸菌は、生命力が強く、酸やアルカリ、温度変化にも影響を受けないため、生きたまま腸に届いて、善玉菌を増やす作用が期待できるのです。
腸内環境を整えるためには、乳酸菌といっても植物性乳酸菌を多く摂らなければならないのです。