固い便しか出ない、少ししか出ない、数日に1回しか便が出ないなど、便秘と言っても症状は人それぞれですが毎日の生活に支障を来しているというような便秘の悩みを持つ人は大勢います。

そんな便秘の悩みを腸内の乳酸菌を増やすことで改善できる可能性があることから、乳酸菌が注目されています。

乳酸菌が便秘に効く理由

腸内が悪玉菌より善玉菌が多くなれば、腸は正常な動きとして便を排出しようとぜん動運動を行うため便秘しにくい腸になります。

そこで、善玉菌を増やすことができる乳酸菌を食べ物やサプリメントで積極的に取り入れようという人が増えています。

しかし、乳酸菌だけでは、一時的にしか善玉菌が増えないため、乳酸菌とその餌となるオリゴ糖を一緒にとることで乳酸菌を繁殖しやすくし常に善玉菌が多い腸内環境を作ろうとしている人が増えています。

便秘を解消できる乳酸菌とオリゴ糖の関係


便秘を解消するために乳酸菌だけでもオリゴ糖だけでも便秘解消の効果は最大限に発揮できません。

なぜなら、乳酸菌は腸内環境を整えるために不可欠な菌であり、オリゴ糖は乳酸菌を含む善玉菌のエサになるからです。

乳酸菌は、腸の中でエサである糖を分解しながら乳酸を多く作りだしていきます。

乳酸がたくさん作られると悪玉菌の繁殖を防いだり、善玉菌が活動しやすい環境を作り出します。

一方、オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖などが結合した糖の総称ですが、分解されることなく小腸や大腸まで到達して、乳酸菌のエサとなることができるのです。

乳酸菌が活動する場所にオリゴ糖がたくさんあれば、それをエサとして乳酸菌が活発にはたらくことができるので、便秘の原因となる悪玉菌が減少して、腸内環境が整っていきます。

このように、乳酸菌を摂取する際には、オリゴ糖も一緒に摂取することで、より効果的に腸内環境を改善することができるのです。

乳酸菌+オリゴ糖サプリメント





便秘改善に役立つ乳酸菌サプリメントの選択方法について


思うような排便ができないために、便秘の改善をはかりたいという場合は、乳酸菌のサプリメントが適しています。

ガスが溜まってお腹が張るとか、排便の回数が少ないといった人には、積極的に摂取すべきものとして乳酸菌サプリメントがあります。
乳酸菌を補給する手段としてサプリメントを使うことで、効果的な便秘対策を講じることが可能になります。

乳酸菌サプリメントを販売しているメーカーは多く、商品種類は数え切れないほどです。

サプリメントを選ぶ時には、いくつかの点に目をつけて、自分に合うものを探しましょう。

乳酸菌サプリで便秘を解消法


腸内で生き抜く力の強さ、乳酸菌の種類、得られる効果、1日に摂取すべき量、形状、カロリー、含有量、容量、価格などについてしっかり記載されているサプリは便秘を解消する最適なサプリだと言えます。

販売サイトや口コミサイト、ランキングサイトなどの情報を参考にして、きちんと比較して自分に合った乳酸菌サプリメントを選択しましょう。

毎日の健康習慣として乳酸菌サプリメントを積極的に摂取することにより、腸内環境の乱れが整えばつらい便秘の症状も自ずと解消されます。
便秘がちで困っているという人は、腸の働きを活発にするためにも、サプリメントで乳酸菌を摂取して、腸の善玉菌の増加を促しましょう。

妊娠中の妊婦には乳酸菌豊富な食べ物での便秘解消がおすすめ


赤ちゃんのことを考えると下剤を極力避けたいママたちにとって妊娠中の便秘は本当につらい

薬は飲めない、出ない、力みすぎると怖い・・だからと言って便秘に良いと言われる食べ物を手あたり次第食べるのは怖い

そんなママたちでも安心して取れるのが乳酸菌が豊富な食事です。

下剤のような物凄い効果は残念ながありませんが、妊娠期間の10か月間なんとか乳酸菌が豊富な食事で過ごせたらいいですよね。

高齢者の便秘に乳酸菌が良い理由


便秘といえば、一般的に女性に起こりやすい症状だと知られていますが、老化現象のひとつでもあるということをご存知でしょうか?

事実、調査によると50代を過ぎた頃から便秘を訴える男性が増え、75歳以降では便秘を自覚している比率が男女で変わりなく上昇するといいます。
これは、加齢によって胃や腸などの消化器官の働きが低下すること、食事の量が少なくなること、喉の渇きを感じづらくなったり、尿漏れを気にして水分摂取量が減少してしまうこと、筋力が衰えて便を排出するために十分な腹圧をかけることができなくなることなどが考えられます。

便秘解消をサポートする乳酸菌は、加齢と共に減少していく傾向にあるといいます。
さらに治療のために日々服用している薬の中には、善玉菌を死滅させるものもあり、ますます腸内環境は悪化して便秘を進行させてしまうのです。

このような状況を防ぐためにも、積極的に乳酸菌を摂り入れて便秘解消に努めることが必要なのです。


便秘解消に乳酸菌を含むぬか漬けの漬物と食物繊維!


便秘解消に食物繊維が良いことは知られています。

しかし、日本の伝統食であるぬか漬けの漬物に乳酸菌が多く含まれているのを知っている人は多くないのでは?
ぬか漬けは発酵食品のため多くの乳酸菌を含んでいます。

そこで、最近注目されている食べ方が発芽玄米+ぬか漬け

これは、毎日の主食を、発芽玄米入りの主食にすることでダイエットしつつ便秘解消にもなるという女子にうれしい方法です。
通常、ダイエットは便秘の原因になってしまうこともありますが、発芽玄米は食物繊維もたっぷり含んでいますので、お通じを改善し、代謝をよくすることでダイエットに貢献することが可能です。
そして栄養価の高い発芽玄米を食べながら発酵食品であり食物繊維も含む漬物を取り入れれ、体に必要な栄養をとりつつ乳酸菌も得られます。

ダイエットのためにカロリー摂取量を減らしたいという人は、栄養バランスを整えるために発芽玄米+乳酸菌のためにぬか漬けの組み合わせで便秘にならないダイエットがしやすくなります。

便秘解消を乳酸菌ではなく薬に頼る危険性


確かに乳酸菌での便秘解消は腸内環境を整えながらになりますので時間がかかります。
その点、下剤を使うとその日のうちに腸に溜まった便は排出できます。

ただ、これは決して便秘解消ではなく、それどころか便秘を悪化させる行為とさえいえます。
なぜなら、下剤は腸内に生息の善玉菌も一緒に排出させてしまうからです。

となると腸内環境は悪化、また数日のうちに腸内に便がたまって便秘となる悪循環を作り出す結果になります。

乳酸菌と酵素硬い便を改善


便秘は腸が腐敗中のサインだということをご存知でしょうか?

腸が汚いと酵素が有効に働かず、免疫力が落ちます。
良い便を出すことは腸内環境を良くするだけでなく、酵素の働きを活発にするので健康維持にも役たちます。

免疫力を上げることは癌にならないための基本でもあります。
最近は大腸がんの死亡率が増えています。

これも腸内環境の悪化により酵素がうまく働かず免疫力の低下も一つの要因と考えられていますので、大病予防にも乳酸菌をしっかり摂取して酵素の働きを良くするようにこころがけましょう

便秘解消のために乳酸菌を食べるタイミングは?


乳酸菌は胃酸に弱いので生きた乳酸菌をより多く腸に届けるには胃にまだ食べ物が残っている食後のタイミングでヨーグルトを食べるのが良いとされています。

朝・昼・晩のいつが良いかというと時間帯はいつ食べても乳酸菌の量はかわらないという結果が出ています。

乳酸菌配合の市販のおすすめお菓子の種類


ビスコ(江崎グリコ株式会社)
昭和8年から販売されているビスコには、おなかにやさしい乳酸菌が1億個(5枚当たり)入っています。
さらにカルシウム、ビタミンB1 B2 ビタミンDもたっぷり配合されています。

 

たべるマスク(森永製菓)
3粒で1日の必要量100億個のシールド乳酸菌配合。
日本学校保健会推薦用品に認定されています。
ヨーグルト風味で小さいお子さんから年配の方まで食べやすくなっています。

 


乳酸菌ショコラ(ロッテ)
植物性乳酸菌をチョコで包み、胃酸に弱い乳酸菌を守ります。
チョコレートだから常温で保存出来ていつでもどこでも気軽に食べれます。

 


乳酸菌10億個(パイン)
1粒に整腸作用が期待できる乳酸菌であるフェカリス菌(EC-12株)10億個、ビフィズス菌1億個、善玉菌を活性化させるオリゴ糖15mg配合したおなかに優しいキャンディです。

 


花粉スーパーミントタブレッツ(カバヤ)
1袋に乳酸菌EC−12を約1兆個配合しています。さらにみつばち花粉、ペパーミントオイルを配合した協力ミント味タブレットです。

 

 


花粉スーパーミントタブレッツ(カバヤ)
種類の乳酸菌(「生きて届く」乳酸菌、「ふせぐ」乳酸菌、「まもる」乳酸菌、 「たかめる」乳酸菌)を1度に摂れるキャンデー。
乳酸菌をサポートする食物繊維とオリゴ糖を配合

 

乳酸菌が効かない!?なぜ便秘が治らない理由がわかった体験談

ヨーグルトを1日1パック食べても便秘が解消できなかったので、そのままヨーグルでの便秘対策をやめ、他の便秘対策をしても一向によくならず、3日に1回の排便が普通だった私ですが・・・

なぜ便秘が治らないか?わかったのが健康診断で大腸がんの疑いを指摘しされ内視鏡検査を受けたことで原因がわかりました。

ありがたいことに大腸がんではなかったものの、医師に指摘されたのが私の大腸がねじれているということでした。

ねじれた部分に便がたまり便秘をもたらしているとか・・

便秘は基本的に治らないから上手に付き合っていきましょう・・・乳酸菌だけじゃなく何をやっても効かない訳ですね・・

便秘改善に乳酸菌ドリンクr-1の口コミ

20代の頃から、お腹の調子が悪くなる事が多くて下痢しやすい体質なので、いつもお腹には気を使っています。
夏でも出来るだけ冷たい飲み物は避けるようにして、常温または暖かいものを飲むように心掛けています。

昨年、大腸にポリープが出来たこともあり、このままではいけないと思い、特に大腸環境には気を配るようになりました。
あまりにもお腹の調子が悪い時は整腸剤を摂ることもありますが、普段はR-1ヨーグルトを週3、4本飲んでます。

腸内環境の悪さがお肌に出ると知ってからは、R-1は手放せません。
お薬と違って即効性はありませんが、長い目で見て少しでも調子が良くなればいいなと思います。

便秘改善に乳酸菌ショコラの口コミ

私は普段からチョコレートが大好きで、いつもきらさず家にあります。
最近では乳酸菌入りのチョコレート乳酸菌ショコラが発売されているので、試しに買ってみました。

味の違いは全く分かりませんが、乳酸菌が入っている、ということで食べることの罪悪感が減ります。
むしろ体のためになっているのだという意識もあって、積極的に食べるようになりました。

乳酸菌入りチョコレートの発見から、乳酸菌に興味を持ち始め、どうせお菓子を食べるなら体にいいものを選ぼうという意識に繋がりました。
これからもどんどん新しい乳酸菌入りのお菓子が出たら嬉しいです。
これからも積極的に食べてみようと思います。

便秘改善に乳酸菌チョコレートの口コミ

私は乳酸菌入りのチョコレートをよく食べています。
ロッテのスイーツデイズというチョコレートです。

便秘がちなので、なるべく取りたいな、と思っていた矢先に、ロッテのスイーツデイズという乳酸菌入りのチョコレートのCMを観ました。
チョコレートが大好きなので、一石二鳥な気がして、最低でも一日一個は食べるように心掛けてます。

もちろん食べすぎるとカロリーも気になるので、小腹がすいたときに、このチョコレートを一袋、という風に決めています。

便秘改善に乳酸菌飲料の口コミ

私はあまり便通がいいほうではなくてよく便秘になっていたので、乳酸菌飲料が好きでほぼ毎日摂取するようにしました。
すると、お腹の調子がすこしづつですがよくなって最終的にはとても便通が快便になるようになりました。

普通のお菓子やジュースを飲んでも身体にはただの油や脂肪にしかならないので損ですよね。
でも乳酸菌の入った食べ物、飲み物は身体にいいし、そしてなによりもおいしいです!
一石二鳥だと表ます。

今では無意識にスーパーのかごに入っていたりなくてはならない存在になってしまっています。
骨もつよくなるし、身体にもいいし本当に最高の食べ物だと思っています。
乳酸菌飲料は本当に最高ですね!!

便秘改善にヨーグルトが嫌いなので・・

ヨーグルトが得意ではない私には、簡単に美味しく、そして無理なく食べられる乳酸菌をお菓子に入れてもらえて助かっています。

最初は、話題があり、チョコレートを食べながら、乳酸菌が取れるなんて面白いという、好奇心から食べていたのですが、食べて始めてから数日後からお通じが良くなりました。

偶然かもしれませんが、どちらかというと便秘気味だったのが、改善されました。
また、化粧のノリがいいのも嬉しいです。前までは、ファンデーションがうまくのらず、厚くなり気味でしたが、綺麗にファンデーションがのるようになりました。

子供の便秘改善に乳酸菌入りお菓子したら

世の中の“腸”乳酸菌ブームに乗っかり、便気味の子供のおやつを乳酸菌入りに変えました。

スーパーではいろいろな乳酸菌入りのお菓子がクローズアップされている中グリコのビスコを良く与えます。

小分けになっているので子供に与えやすく、乳酸菌チョコ系より安いからです。

種類も増えたので、ベーシックなもの以外にチョコ・ストロベリー・全粒粉と常備してます。

便秘改善に発酵食品


ヨーグルトや納豆なんかに入っていますが、個人的に発酵食品で乳酸菌をとっています。
サプリメントではなく、食事で取りたいのですし、納豆は毎食食べてもいいくらい好きなので、便秘解消を納豆に頼ることにしました。

寒くなると体調が崩れやすく、また胃腸症状が出ることが多いので今年の冬は寒さと便秘を納豆レシピでのりきるつもりです。

便秘改善どころか便秘になる?キムチの口コミ


キムチも発酵食品で乳酸菌を多く含むことを知り、キムチ大好きの私は便秘解消をキムチでしたいと思っていたのですが
今塩分を多少控えるようにとお医者さんにも言われ始めたので、しょっちゅう食べることが出来ません。

ただ、辛いものは便秘になるとも聞いたのでどっちが本当なんだろう?と疑問なところもあり
結局は、便秘解消を栄養補うタブレットで取ることもありましたが、毎回そのために買うのも費用がかかって大変なので、気付いたときに補うという感じです。

便秘改善に幼児用と侮れない乳酸菌入りお菓子

乳酸菌入りのお菓子を未だに売っているビスコ。
幼児のお菓子ですが私は週に一回以上は必ず食べています。

実は子どものお菓子の定場のビスコに沢山乳酸菌が入っていることを尻
ビスコは娘に小さい頃から食べさせていたので、改めて自分でも買って食べたのがきっかけです。
懐かしく美味しし便秘解消できるならと食べています。

効果というと??ですが、他のお菓子を食べるよりはいいかなと思っています。

便秘改善に乳酸菌系の飲み物からお菓子に変更

今までは乳酸菌の入ったヨーグルトやヨーグルトドリンクなどを飲んでいました。
多少それで改善もみられていたのですが寒い時期に冷たいヨーグルトやヨーグルトドリンクを飲むのは少し大変だったこともあり、

店頭で見かけ乳酸菌入りのチョコレートに変更しました。

さらに、喉の乾燥や喉あれが気になるこの季節に合わせて気に入っているのが乳酸菌入りのヨーグルトキャンディです。
好きなヨーグルト味で後味もスッキリしているので甘すぎるキャンディが苦手は私にとってはぴったりのものです。

積極的に乳酸菌を取り入れて腸内環境をよくすることでインフルエンザやアレルギーなどにも良いと聞いているので気軽に摂ることができるこれらのお菓子は私にとってはとてもありがたいです。

チーズで乳酸菌を取るには?

チーズにはナチュラルチーズとプロセスチーズがあります。
ナチュラルチーズは牛乳に乳酸菌とカビを入れて発酵させ作ります。
プロセスチーズはナチュラルチーズを加熱処理して調味料などを加えて作るので、乳酸菌は死滅している分長期保存ができます。

チーズで乳酸菌を摂ろうとするならばナチュラルチーズを選びましょう。
しかし、残念ながらナチュラルチーズに含まれる乳酸菌は非常に少ないようです。

●市販されているナチュラルチーズ

雪印北海道100 カマンベールチーズ
ほかにも切れてるタイプがある。

 


雪印北海道100 カッテージチーズ
ほかにも裏ごしタイプがある。

 


雪印北海道100 さけるチーズ プレーン
他にスモーク味・とうがらし味・ローストガーリック味・バターしょうゆ味がある。

 


明治北海道十勝カマンベールチーズ
他にも切れているタイプやブラックペパー入りがある。

 


明治北海道十勝ボーノ切り出し生チーズ
チェダー・ゴーダ・モッツアレラの三種。

 


フィラデルフィア クリームチーズ

 

カルピス乳酸菌タブレットで便秘対策

ビオマイン
90粒約30日分 3,570円(税込)
3粒当たり 枯草菌C-3102株 24億個
排出されやすいビフィズス菌とは違い、ビオマインに含まれる「枯草菌C-3102株」は、その人がすでに体内に持っている、その人に合った「よいもの」をカラダの中からサポートして増やすことに期待ができます。補うだけのケアとは違い、増やして育てる、特別なパワーを持った菌です。

サントリー乳酸菌で便秘対策

ラクテクト
90粒約30日分 4,600円(税抜)
3粒当たり ラクトバチルスS-PT84 15億個以上
侵入したものを働かせない「プロテクト乳酸菌」、善玉菌であるビフィズス菌を増やす「ラクチュロース」、これらの腸まで届く2つのチカラに加え、話題の成分「ラクトフェリン」、粘膜成分「フコイダン」という特別な健康成分を組み合わせて生まれたラクトバリア成分を配合。

チチヤス乳酸菌で便秘対策

毎日快調ヨーグルト
1個80g 
活きて腸まで届くL.カゼイ431菌(プロバイオティクス)と食物繊維(プレバイオティクス)をWで配合。乳酸菌もL.カゼイ菌をはじめブルガリクス菌やサーモフィルス菌など6種類を配合しています。

マミー乳酸菌で便秘対策

森永マミー
450ml 100円/1000ml 200円
50年以上に渡り愛されているロングセラー商品です。生きている乳酸菌入り乳酸菌飲料です。人工甘味料不使用で体への吸収率が良いミルクカルシウムも配合。子供の時から乳酸菌を取る習慣が身につけられます。

ヤクルトで便秘対策

ヤクルト400
1本80ml 80円(税別)
1本当たり シロタ株400億個
生きたまま腸内に到達する乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)の働きで、良い菌を増やし悪い菌を減らして、腸内の環境を改善し、腸内の有害物質の生成を抑え、おなかの調子を整えます。特定保健用食品です。

ラブレで便秘対策

KAGOME ラブレ カプセル
30粒30日分 4,628円(税込)
1粒当たり ラブレ菌(KB290株)100億個以上
腸での生命力が強いラブレ菌KB290株を使用し、生きたままサプリメントにしました。
1日一粒で毎日手軽に摂れます。

わかさ生活で便秘対策

乳酸菌1000億個
62粒1ヶ月分 2,380円(税込)
2粒当たり 4種の乳酸菌 1000億個以上
ビフィズス菌「BB-12TM」は、熱や酸に強く、生きて腸にしっかり届くことで腸内の善玉菌を増やします。さらに浸透力の高いナノ乳酸菌・ラブレ菌・フェカリス菌も配合しています。

便秘を解消する乳酸菌とビフィズス菌の効果


便秘解消に効果が高いといわれる乳酸菌とビフィズス菌。
どちらも腸内環境を整えるために不可欠な善玉菌です。

では、それぞれには具体的にどのような効果があるのでしょうか?

まず、乳酸菌は糖を分解して乳酸を作りだす最近の総称です。
腸内が乳酸によって弱酸性に保つことができれば、悪玉菌の数が減り、善玉菌が優勢になることができる腸内環境が整った状態になります。
悪玉菌は腸内で有毒ガスや有害物質を作りだして腸の働きを悪くする原因となります。
その原因となる悪玉菌の繁殖を抑えて、腸の働きを良くするための環境を作るのが乳酸菌の効果なのです。

一方、ビフィズス菌は腸内の善玉菌の90%以上を占めているといわれています。
実は、ビフィズス菌も乳酸を作りだすことができるうえに強い殺菌力を持つ酢酸や葉酸、ビタミンB群を作りだすことができます

つまり、ビフィズス菌と乳酸菌の作りだす乳酸とビフィズス菌が作りだす酢酸によって悪玉菌の増殖を防いで腸内環境を整えているとも言えるのです。