近年の研究で腸内環境はヒトの健康に密接に関わっていることが分かってきました。

健康な体は腸からと言われるほど健康維持のために腸内環境を整えることは重要になっています。

腸内環境と食事

乱れた食生活や生活習慣で、腸内環境が悪くなると、便秘や軟便の原因になったり、お肌の美と健康にも大きく影響を与えます。

食事の摂り方次第で腸内環境を改善していけるので、バランスの良い食事で腸内の環境を日々整えていきましょう。

そのためにヨーグルトやキムチなどの発酵食品を積極的に食べて、腸内環境を整えてくれるビフィズス菌を増やし、腸内をキレイに保つようにすることが大切です。

食物繊維を取るのも大事

腸内に食べカスが長時間溜まっていると、有毒なガスが発生したり、腸内の環境を整えているビフィズス菌を減らしてしまう原因になり、腸内環境が悪くなると、大腸がんを引き起こす原因にもなります。

食物繊維の多い野菜を毎日摂るように心がけて、腸の中に食べカスが溜まらないようにしましょう。

おならの匂いで腸の状態がわかる

臭いおならは悪玉菌が増えているため腸内環境が悪化している証拠です。
特に肉食だと悪玉菌が増えやすいのでおならが臭くなる傾向があります。

便秘だと便が長時間腸内にとどまることになるので多くのガスを排出するためよりオナラが臭くなります。
オナラがクサイと思ったら野菜を多く食べるなどこころがけてみましょう。

腸内環境を整えるとお肌の若返りにも効果的

腸内環境が悪くなると便が溜まりやすくなります。
便からは有毒ガスが排出され、そのガスが吸収され血液にのって全身を回ります。

さらに、便秘になると自律神経がスムーズに動かなくなり新陳代謝が悪くなります。
これは肌のターンオーバーの乱れにつながるため腸を健康に保つことは肌の若返りにもつながるのです。

ストレスと腸内環境の関係

ストレスも物理的、環境的、生物学的、生活関係などストレスの原因は多数あります。

ストレスが多い生活は善玉菌を減らしてしまい腸内に悪玉菌が増えてしまって、腸内環境が悪くなります。

尚、腸内環境の悪化以外にもストレスにより老化・劣化をもたらしますのでストレス解消する習慣をつけましょう。

腸内環境を整える食品・食材

腸内環境を整える成分はビタミン・食物繊維・果糖・乳酸菌・油脂・有機酸など数多くありますので詳細にみていきましょう

オリゴ糖

オリゴ糖は大腸までビフィズス菌を届けることができます。
これにより、大腸内に存在するビフィズス菌の働きを強めます。
特定保健用食品の成分として認可されているオリゴ糖は安全性が高いので便秘で悩む幼児に与えることもできます。

塩水で便秘解消ダイエットは危険

1リットルの塩水を一気に飲むことで便秘が解消するという方法は、腸内環境も解消しよさそうな気がする人もいますが、小さじ2杯の塩分を摂取するため腎機能に損傷をもたらす可能性があります。

塩分のとり過ぎは血管へのダメージが大きくなり減塩を推奨する現状とは反するダイエット方法です。