善玉菌は腸の中に存在する悪玉菌より多く存在した方が腸内環境は良くなります。

そのために、善玉菌のエサを摂取して善玉菌優位になると日和見菌が善玉菌に変身するため善玉菌が増えます。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌

私たちの腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌というのがたくさん存在しています。

善玉菌というのは、腸内の環境をよい状態に整えようとしてくれる菌、日和見菌というのはあまり聞かない言葉ですが、腸内が健康な時には鎮静していますが、悪玉菌が活躍している時(腸内環境が悪いとき)に悪玉菌と一緒に悪さをする菌です。

悪玉菌と言えば表皮ブドウ球菌と大腸菌

悪玉菌とはどのような働きをするのでしょうか。

悪玉菌とはブドウ球菌や大腸菌などが代表的な菌です。

腸内が腐敗化するのを進行させる働きかけをするような菌です。

ですので悪玉菌の働きが強くなると便秘になったり下痢を引き起こしたりします。

また、身体全体の免疫力を弱めたり、怖いところでは発がん性物質をどんどん作ったりという働きもしています。

優柔不断な日和見菌

日和見菌は腸内環境に影響される菌で、悪玉が強ければ悪玉に、善玉が強ければ善玉にその名の通り日和見です。

この日和見菌を上手く利用して、善玉菌が優勢となる腸内環境を作る必要があります。

理想的な腸内細菌のバランスは善玉菌20%、悪玉菌10%、そして環境によって善玉にも悪玉にもなることができる日和見菌が70%の割合だとされています。

善玉菌の働き

  • 元気が出るビタミンを作る働き
  • 美肌のためのビタミンを作る働き
  • 免疫力を高める働き
  • 排便をスムーズにする働き
  • 消化吸収の補助
  • 生活習慣の予防

 

善玉菌の腸への効果

善玉菌がわたしたちの腸や健康に良い影響を与えるということは、多くの人が知っていることですが、その具体的な効果はあまり知られていません。

では、善玉菌はどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

善玉菌が繁殖する際に乳案や酢酸などの有機酸を作ります。
これによって腸内が酸性になることで悪玉菌の繁殖を抑えて、腸の運動を活発にしたり栄養をスムーズに摂り入れたり、便通を良くしてくれるようになります。

さらに最近では、善玉菌のはたらきが免疫力をアップさせて、体調を整えたり、ガンの発生リスクを下げるために役立つということも分かってきました。

これらのことから、善玉菌を積極的に摂り入れることで、多くの効果を得ることができるとされているのです。

腸のメカニズム

私たちの腸というのは、毎日の食事から得る栄養を体内に吸収する役割を持つ大切な部分です。
食べ物から吸収される栄養で、私たちの体質や血液の質までも決められていくようになっていきます。

ですので、私たちの身体を生成して維持していくとっても大切な器官であることがわかります。

腸の粘膜の面積というのはとても広く、表面積は全身の皮膚の100倍以上になると言われています。

また、腸から私たちに必要な栄養分を吸収するとともに、ウィルスや最近など身体に悪いものを対外に排出する働きもあります。
たとえば、健康な人でもがん細胞は毎日何千個も発生するといわれていますが、腸の働きで撃退をしているというのです。

善玉菌と言えば乳酸菌

私たちの周りにたくさんある「菌」。
菌というとよくないイメージもあるかもしれませんが、私たちの腸内には400種類以上の「菌」が生息しています。

特に乳酸菌は善玉菌の代表的な菌ですが、乳酸菌にもビフィズス菌やヤクルト菌など、いろいろな種類の菌があります。

善玉菌を増やして肌荒れを防ぐ

腸内環境が悪くなってしまうと、女性は特に運動不足も重なることで、腹筋の力も弱まるために、排便することがスムーズにできなくなり、便秘になりがちになってしまいます。

便秘になると、長い間便が大腸内に留まってしまうので、消化吸収した残りカスが腐敗し、有毒なガスが発生します。

体内に老廃物が溜まってしまう状態となるので、それが血液に漏れだし、肌荒れなどのトラブルを招いてしまいます。

腸が汚いと、血液から美に悪影響を及ぼす成分が全身の細胞に流れついてしまうので、腸内環境を整えてキレイにしておくことが、美容と健康に繋がってくるのです。

ダイエットするなら善玉菌を増やして痩せる体質に 

善玉菌を増やすことで、痩せやすい体質に変えることもできます。
太ってしまう原因は人それぞれありますが、大半の場合は食生活が大きく関わっています。

やはり、動物性の脂分の多い食事やストレスの多い生活をしていると、腸内環境が悪くなってしまい、消化吸収がスムーズに行われなくなったり、有毒なガスが発生することで腸に大きな負担をかけてしまうこともあります。

そうなることで、便の流れが悪くなり便秘になりやすく、さらに腸内環境を悪化させてしまうこととなります。

まずは食物繊維を多く含む食品をよく食べて、腸のお掃除をして、少しずつ腸内環境を改善していきましょう。

善玉菌が多い腸内環境を作ることで、食べ物の消化、吸収がスムーズになり、無駄に食物が腸内に留まらないことで、老廃物の再吸収や水分によるむくみを防ぐことができます。

善玉菌を増やして免役力を上げる

善玉菌と免疫力は一見関係がないように思えますが、実は腸は身体の中でも最大の免疫器官であり、身体の健康を保つのに重要な役割を果たしているのです。

食べ物の中には栄養も入っていますが、食べることで口からウイルスや病原菌も一緒に身体の中に入り込んでしまいます。

なので、消化吸収の段階で栄養とウイルスや細菌を見分けてウイルスや細菌に対する免疫力が腸の中に備わっているのです。

身体の免疫細胞の約6割が腸内に存在し、身体の健康を維持しているのです。

風邪ウイルスに勝つには?

不規則な生活や食生活の乱れから腸内環境が悪くなってしまい善玉菌が減ってしまうと、免疫細胞の働きも悪くなるために、食べ物から入り込んでしまったウイルスや細菌を排除する能力が低下してしまうので、免疫力が下がってしまうこととなります。

そんな状態で風邪ウィルスが入ってくると風邪をひいてしまいます。

ヨーグルトを毎日食べて風邪予防と言われるのはも腸の免疫力をUPさせる一つの手段です。

花粉症などアレルギー体質やアトピーも善玉菌で予防

近年の研究で腸内環境はヒトの健康に密接に関わっていることが分かってきました。
腸内環境が整っていると、身体の免疫力も上がり、身体を健康に保つことができると考えられています。

しかし善玉菌が減り悪玉菌が増えると花粉症などのアレルギーやアトピーを発症しやすくなります。

日ごろから乳酸菌など善玉菌のエサになるものを摂取することがアレルギー予防につながります。

善玉菌の働きを悪くするお酒


アルコールは腸にとっては刺激物です。

アルコールが高濃度のまま小腸に運ばれてくると、小腸の粘膜を刺激して傷つけたり、胃や小腸で炎症が起きます。

そうなると食べ物の消化や分解がスムーズに行われないまま腸まで運ばれてくるので、慢性的な下痢になったり、小腸の消化酵素の働きが低下して、腸内環境が悪くなってしまうことがあります。

アルコールの飲みすぎは腸内フローラを悪化させる

アルコール好きならば肝臓をケアすることを重視している方が多いと思います。
確かにアルコールの分解で肝臓には多くの負担がかかっています。

ただ、アルコールは肝臓を悪くするだけでなく腸内フローラを壊すと知っていますか?
程よいアルコールの量なら問題ないのですが、アルコールを摂り過ぎると、腸内で毒性の強い細菌が増え腸内フローラを悪化させます。

そして、腸内フローラの悪化がアルコールの分解を停滞させ脂肪肝の原因になってしまう可能性があるのです。

肝臓機能の低下は老廃物が溜まりやすくなる

肝臓の働きが低下すると体内の老廃物がうまく排出されず体調不良の原因ともなってしまいます。

即効性を求める場合には五令散という漢方を飲むとトイレの回数が増え重だるい感じが早めに改善します。

飲み過ぎた次の日はダラダラ過ごしたいと思うところですがウォーキングをするなど軽い運動をすると老廃物が排出しやすくなります。

ストレスが善玉菌を減らす

ストレスの多い生活を続けていると、腸内に善玉菌が減り悪玉菌が増えてしまって、腸内の老化が急速に進んでしまいます。

ストレスは善玉菌を減らし、悪玉菌を増やして腸内環境を悪くしてしまうため、ストレスを上手く発散させる習慣をつけて、身体にストレスを溜めないような生活を心がけていきましょう。

善玉菌が減り腸の働きが悪くなることで、身体の免疫システムのバランスが崩れ、様々なトラブルを発症してしまいます。

抗生物質の薬は善玉菌も殺す

体に入ってくる病原菌を殺してくれる抗生物質ですが、腸内の善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)も殺してしまいます。
ですから、抗生物質を飲むと下痢または便秘などお腹に不調を感じる人もいるのです。

抗生物質を飲んで病気を治した後は積極的に善玉菌を増やす食事をとることで腸内環境を回復しましょう。

屁(おなら)の臭いは善玉菌が減っているサイン

おならの臭いはだいたい臭い場合が多いのですが、臭いに差があることはありませんか?
すっごく臭い時もあれば、思った程臭わない時もあったりしますよね。

それは、オナラの臭いが腸内環境によって変化するからなのです。
やはり悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなると、オナラの臭いは臭くなります。

食べ物が肉食だったり、動物性のものばかりを食べていたり、にんにくやタマネギなどの臭いの強いものや香辛料をたくさん食べると、オナラの臭いも臭くなってしまいます。

また、オナラは便が溜まって長時間腸の中に留まることでガスが発生し、それがオナラとなって体外へ出ているものなので、便秘が酷くなるに連れてやはり臭いもキツくなってしまいます。

オナラ臭いが臭いなと自覚する程の時は、腸内環境が悪くなっているサインなので、腸内環境を整えることを考えましょう。

下痢の時の腸内環境を整える方法

腸内環境が悪くなると、下痢になったり、便秘になったりと、便通に関してトラブルが出てきてしまいます。
ウイルス感染など、病的な原因でなければ、腸内環境を整えることで、下痢も早めに改善できることがあります。

脂分の多い食事をよくしたり、アルコールよく飲んだり、野菜などから食物繊維を摂取できていなかったり、夏などに冷たいものばかりを食べたり飲んだりするなどの食生活の習慣があったり、ストレスの多い生活や睡眠不足、運動不足、身体が冷える環境によくいるといった生活習慣のある人は、下痢になりやすい腸内環境を作りがちです。

こういった食生活や生活習慣のある人で、下痢になりやすいというのであれば、そういった生活を改善することで腸内環境を良くして下痢になる頻度をさげることができるかも知れません。

健康的な生活習慣

健康に関心のある方の多くが健康食品やサプリメントに興味を持っているようです。

あまりも種類が多すぎて何を選んでいいのかわからないという声も多々あります。

ただ、薬と違って即効性のないサプリメントで健康維持を考える場合は、金銭的に続かなくなってはダメです。

途中で辞めてしまうくらいならサプリメントに頼るよりスムージージュースを毎日飲む、たまねぎ氷を作ったり、生姜シロップを作ったりなど、流行りの健康的な食べ物を色々ためしていくもの飽きがこずに良いかもしれません。

 

善玉菌を増やすサプリメントランキング


腸内細菌の数は人によってさほど違いはないといわれています。
大事なのは、善玉菌と悪玉菌の割合。

 

善玉菌が有利であればあるほど日和見金が善玉菌の味方になってくれるので腸内は善玉菌が有利に働きます。
善玉菌が多いと腸内が健康になり、腸内の健康は体全体の健康につながるので善玉菌を増やすサプリメントで腸内フローラを改善しましょう!!

【フジッコ】善玉菌のチカラ 初回購入プロモーション

特許成分ラクトピー配合の乙女の乳酸菌

腸年齢と善玉菌の関係

腸年齢という言葉を聞いたことがありますか?

腸の中には多くの細菌が存在していて、全身の免疫システムの60~70%を担っているといいます。

そんな腸内細菌のバランスによって腸の老化や生活習慣病の罹患リスクを知ることができる指標となるのが腸年齢です。

実年齢よりも見た目が若い人のほとんどが腸年齢が若いという共通点があるそうです。
このように腸の若さを維持するためのポイントは、善玉菌を増やすことなんだとか。

見た目が若くなる腸の若返り

腸の若返りのためにはにバランスの良い食生活を心がけ、善玉菌のエサとなる食物繊維や乳酸菌を意識して摂取すること、そして過度の飲酒や喫煙、運動不足を避け、ストレスや疲れを溜め込まないことが必要です。

肌や見た目の若さを保つためには、腸の若さ維持が必要ということですね。

腸内環境や菌活という言葉が広がってきた昨今、腸内において悪玉菌を優勢になった場合、健康や美容に悪影響を与えるということも多くの人が知るようになってきました。

悪玉菌は、有毒物質を腸の中に発生させて便秘や下痢を引き起こす原因となるだけでなく、からだの免疫力を低下させて風や胃腸炎などの感染症や発がん性物質を作りだす原因となることもあります。
そんな悪玉菌を増やす原因となるのが食生活です。
悪玉菌は脂肪分やタンパク質、糖類などを栄養に増えていく傾向にあります。

つまり、野菜不足や脂分の多い食事を取ることが多い現代人は悪玉菌が増えやすい食生活をしている人が多いということです。

善玉菌を増やす飲み物とは?

王道のヨーグルトジュースやモデルや女優に人気のスムージーも善玉菌を増やす飲み物です。

最近だと、甘酒が注目されています。

昔のように甘さが強いものだけではなく、甘さを抑えたものや、温め飲むだけではなく冷たくしても飲めるもの増えています。

自販機でも売られるようになっているので女子の支持率がかなり高い善玉菌を増やす飲み物として定着してきています。

善玉菌を増やすコーヒー


コーヒーはカフェインが多いので悪い飲み物と言われていた時代は今や昔。
コーヒーの効能が注目されています。

それは、コーヒーに含まれる利尿作用と善玉菌を増やす作用です。

利尿作用はむくみ解消に良いので女性からのコーヒー支持は以前から熱かったのですが、最近は腸内環境を整えるというので話題です。

その原因はコーヒーに多く含まれるポリフェノールの仲間のクロロゲン酸によってビフィズス菌と日和見(ひよりみ)菌であるクロストリジウム・コッコイデスを増やすからです。

日和見菌は善玉菌が優勢だと善玉菌に悪玉菌が優勢だと悪玉菌になるというお調子者の菌ですが、コーヒを飲めばビフィズス菌が増えるので
自然と日和見菌は善玉菌よりになるという訳です。

腸の善玉菌を増やすキシリトール

キシリトールは腸まで届く糖分です。

キシリトールは腸内にいる乳酸菌に酢酸と乳酸に分解されます。

これら酸性物質が腸内に増えると悪玉菌を抑える働きがあり善玉菌の動きを良くします

ですから、キシリトールを過剰摂取すると下痢の症状が出る場合があるのです。

ヤクルトは乳酸菌を増やす?

子供の頃ヤクルトを飲んでいた人も多いのでは?

そして、子供にヤクルトを与えているママも多いのでは?

ヤクルトにはヤクルト菌と言われる乳酸菌シロタ株が多く含まれています。

乳酸菌シロタ株は、胃液で死滅せずに腸まで届くので腸内の善玉菌を増やす方法として間違っていません。

善玉菌を増やす
納豆菌ナットウキナーゼ


好き嫌いがはっきりする納豆ですが、納豆が嫌いじゃないという人には毎日食べて欲しいくらい納豆は優秀な食べ物です。

納豆には納豆菌といって善玉菌を増やす力があるだけでなく、ナットウキナーゼと言って血栓を溶かす効果がある成分も含まれているからです。

納豆を食べるだけで腸内だけでなく、血管も若返らせてくれる納豆は最高の食材と言えます。

めかぶ・わかめ・もずく+納豆で体臭を抑える

腸内環境を整えると体臭を抑えることができます。

めかぶやもずく・わかめにはフコイダンが含まれており、このフコイダンが体臭の原因になるアンモニアや硫化水素を便として体外に出す働きがあります。

これだけでも体臭予防には効果的なのですが、さらに腸内環境を整える力がある納豆を食べることで排便力を高めます。

毎日の快便が体内にニオイの原因をため込まないようにすることで体臭予防ができます。

梅干しぬか漬け漬け物など発酵食品は善玉菌が豊富な食べ物

 
乳製品は善玉菌を増やすよいイメージですが、乳製品以外の発酵食品も善玉菌を増やし腸内環境を整えるにはとてもよいものです。

納豆や梅干し、お味噌やお醤油などの日本人におなじみのこれらの食品はすべて発酵食品ですが、これらの発酵食品というのにも乳酸菌が含まれているのです。

発酵食品というのは、発酵していく段階で、乳酸菌がどんどんと増えていきます。腸内にいる善玉菌は増えてきた乳酸菌を食べて善玉菌をさらに増やしていきます。
ただし、善玉菌というのは寿命がそこまで長くないため、たまに食べるのではなく、できれば毎日摂取することが大事になります。

善玉菌のエサてんさい糖に多いオリゴ糖の効果

 
オリゴ糖を摂取すると、便秘解消や腸内環境の改善が期待できます。
オリゴ糖は、お腹の調子を整える食品として、特定保健用食品の成分としても知られています。

ヒトの腸内環境を良くするために、大腸の中で悪玉菌と戦っているビフィズス菌は、ストレスや運動不足、加齢によって数が減ったり、弱ったりしてしまうので、腸内環境が悪くなりがちです。

オリゴ糖というのは、砂糖などと同じ甘味料として使うことができます。
お砂糖と違って胃や小腸では消化吸収されないので、大腸までビフィズス菌を届けることができるのです。

減ってしまいがちなビフィズス菌を、オリゴ糖に含まれるビフィズス菌で補うことで、大腸の中でビフィズス菌の働きを強める作用が期待できます。
なので、オリゴ糖を毎日摂取することで、腸内環境を整えることができるのです。

安いもやし

腸の善玉菌が増えすぎるとどうなる?


健康や美容効果を期待するために、腸の善玉菌を増やす「菌活」を行っている人が増えているといいます。
悪玉菌が増えると、様々な不調が起こることは広く知られていますが、善玉菌が増えることによるデメリットはあるのでしょうか?

結論から言うと、善玉菌が増えすぎても何のデメリットはありません

そもそも、ヨーグルトやサプリメントで乳酸菌などの善玉菌を意識して摂取したとしても、腸まで届かず死滅してしまったり、便と一緒に排出されることが多く、まだまだ善玉菌は不足する傾向にあります。

また、善玉菌を大量に摂取しても悪玉菌がすべていなくなってしまうということも起こらないので、増えすぎるということはなかなかありません。
乳製品を摂りすぎるとおなかの調子が悪くなるという人もいますが、これは冷たいものを摂りすぎたために起こる不調であったり、牛乳に含まれるカゼインというたんぱく質の影響であることが多く、善玉菌の影響ではないのです。

腸内細菌の検査

最近、在宅検査が流行っているのはご存知ですか?
エイズ・性病・不妊など他人に知られたくないことを自宅で採取したものを郵送で送り、後日検査結果がネットで確認できるという画期的システムです。

そんな中、Mykinsoマイキンソーという会社が運営する腸内細菌そ自宅で検査できるシステムが開発されています。

腸内細菌を調べることで、太りやすさ、腸のタイプ、腸内の主要な細菌の割合を調べ現在の自分の腸内での最近比率を調べることで腸の健康状態がわかります。

価格は19940円とちょっと高めですが、病院へ行くわずらわしさと万病は腸からと言われる時代、腸の調子を知りたい方には値段ではないかもしれません。

腸にある善玉菌の種類と数

現在500種類の善玉菌が存在します。

  • 乳酸菌
  • ビフィズス菌
  • 納豆菌
  • 酵母菌
  • 麹菌

小腸と大腸の働き

小腸は食べ物を消化して吸収する器官です。

大腸は小腸で吸収された残り物から水分を吸収する器官です。

小腸より大腸の方が腸内細菌が多く存在するので腸内環境の乱れで悪玉菌が増えやすいのは大腸です。

ですから、小腸に比べると大腸の方が大腸がんなど病気にかかるケースが多くなります。

腸の善玉菌を増やすとアレルギー対策にもなる


花粉症やハウスダスト、皮膚炎に食べ物…様々なアレルギーがあり、その症状に悩んだり、対策に煩わしさを感じている人も多いでしょう。
これらの原因は私たちの体を外敵から守っている免疫システム機能が乱れてしまうことにあると言われています。
免疫システムの司令塔であるのは白血球に含まれるTh1とTh2という細胞なのですが、アレルギー反応が起こるときにはTh2細胞のはたらきが暴走して、監視役のTh1細胞の制御が及ばなくなってしまっている状態なのです。

そこでキーとなるのが腸内の善玉菌の存在です。
善玉菌には、Th1細胞の働きをサポートする効果があり、乱れてしまった免疫システムを正常な状態へと導くことができるのです。
適切な善玉菌のサポートを受けるためには、腸内環境を整えて、善玉菌が活発にはたらくことができる環境を整えることが不可欠なのです。
特に乳酸菌は免疫システムを整える上で有利な菌のひとつだと言われているので、積極的に取り入れると良いでしょう。